Micro7
  • トップ
  • イメージ
  • スペック
  • ユーザー
  • 比較/拡張性

Users

名古屋を中心に活動しているベースプレイヤー神戸利一氏による試奏レビュー

PJBのMicro7を弾くと家庭円満になるらしい!?

「小さくても百獣の王」と言うキャッチコピーや「私、脱いだらスゴいんです!」なんてCMで流行ったセリフ…

MICRO 7から出て来た自分の音に対しての衝撃はまさにそんな感じでした。

エントリーモデルという説明を受けてからの試奏だったので7”スピーカー×1に3”ツイーター×1、出力50wに縦横30センチぐらいという見た目もあって、おとなしい安い学生向け小型コンボアンプだろうと軽く弾いたんです。 お試し感覚なのでEQのツマミも全てフラットで。

…本当にいつものあの音が出てきました! とてもエントリーモデルって音じゃありません。 この時は椅子の上に乗っけてたんですが音に張りと勢いがあります。 その上太さがあります、7inch一発でこれは予想ができませんでした!

EQもtreble、middle、bassとシンプルな3バンドで効きが分かりやすい。 思ったより3inchツイーターが出しゃばらないので 欲しいところを自分の気持ちの赴くままに加減できます。 当然世間の常識になりつつあるLow-B弦もいつも通り音程再生バッチリです。 今回の試奏、Artex Guitar Works Riichi Kambe 5-string modelなので パッシブもアクティブもチェックできましたがしっかりと対応してくれます。

因みにこれは自宅練習を想定してのコンボアンプです。 自宅でこの高級感、スタジオで鳴らしてる感じで練習できるんですよ! ご近所から苦情が出る手前までMICRO 7で空気を揺らして練習して 夜中はBIGHEAD PROで家族も起こさずにひたすら自分の世界に入る… これは仕事終わりすぐに家が恋しくなりますよ!

あー、そうだ!世のベーシストの奥様にご提案! MICRO 7があれば恐らくご主人は仕事終わったら真っ直ぐ帰宅するはずです。 旦那さんの寄り道防止におひとついかがでしょうか? ただし、夫婦の会話は激減する恐れあるかも知れませんねΣ(゚д゚;)

アコースティックベース編

Micro7はアコベでもイケてた。

エレキベースで試奏は当たり前ですが、 今回は僕のもう一つのスタイルになりつつあるアコースティックベースでも 試奏をしました。

warwick rockbass alien standard 6-string(fretless)です。 エレキベース同様の素直なフラット感で再生して来るので 自然な穏やかさがちゃんと再生できてて気持ちいい音色です。

ウーハー的な意味合いが持たせてある7インチなので 低域も伸びるし3インチ・ツイーターが倍音を連れて来るので 指が弦に当たる「コツッ」って音も一緒に再生してくれます。

ただし、再生効率が良すぎる為に本体のピエゾPUの出し加減に工夫が要るかなぁ? 自宅練習レベルでこんなに表情豊かな音が作れると 自宅にお客さん呼んで聴かせたくなってきちゃう…それこそご近所迷惑ですが(^^

気づいた事なんですがMicro7は練習用でありながら音が生々しくて、 特にアコースティックベースはエレキベースよりもそこがハッキリしてます。 なので僕が思うには他のアコースティック楽器にも良いかもって。

例えばウクレレ。ベース用なので音像が太いんでしっかりと主張できそう。 コード弾きの為に低域を極端にカットする必要もなければ ツイーターを想定して高域にナーバスになる事もありません。 ベースのLow-Bにもボヤける事無く音程が再生できてますし ベースのLow側の弦での二声でも濁り無く綺麗に響きます。

という事はひょっとしたらアコースティックギターでも使えそう? もしかしたら発売と同時にアコースティック楽器専用とか言われたりしてね。