PJBピュアトーン極まる、超小型ベースヘッド

留まる所を知らない勢いで、意欲的に製品を発表しているPJBことフィルジョーンズベース。さらに追い打ちをかけるように、魅力的な超小型アンプヘッドBP-200が日本発売になります。

 

プロ仕様小型アンプでは他の追随を許さないPJBベースアンプ。アンプヘッドにおいても、そのピュアでワイドレンジなサウンドがプロの現場でも高い評価を得ています。

新しく登場するBP-200は、小型化が進むベースアンプヘッドの流れを汲みながらも、その大きさからは想像できない、プロレベルのサウンドをプロデュースします。

 

横幅175mm、重さ1.2Kg、ベースバッグのポケットに軽々入るサイズながら200Wの大出力。

AUX入力も備えているので、ベースと一緒にスマホ音源などを鳴らせます。ヘッドホン端子は使い勝手の良い3.5mmジャック。

 

DIアウトも備えていますので、PAへの送りもバッチリ対応。さらに自宅使いの場合は、安定したバランス信号をオーディオインターフェースに送り出せます。

 

同じく超小型のキャビネットC2と組み合わせると、ミニマムサイズの本格セパレートアンプが完成します。

 

 

5インチ4発入りのC4キャビネットと組み合わせた例。これでもかなりコンパクトな大きさです。100人ぐらいのライブ会場ならこれで十分な音量とサウンドです。

 

さらに魅力的な情報として、初回入荷分に限り、持ち運びに便利なバッグが付属します!

小型アンプヘッドは数あれど、プロ仕様で実績のあるPJBの送り出す超小型ヘッドですから、そのサウンドは本物。どんな現場でも第一級のサウンドを奏でてくれる事でしょう。ぜひお試し下さい!

■品名:BP-200
■価格:オープン 実勢価格¥38,000 (税込¥41,800)
■発売時期:12月中旬

BP200ページ

あわせて読みたい

PJB Pop-Up-Store @BigBoss名古屋店は1/30まで!

POP-UP STOREの最大の魅力は普段なかなか試すことができないモデルがその場で比較試奏ができることですね。 下の写真は左から、新製品で210W/4ΩのBP-200ベースアンプヘッド、350W/4

PJB X4対D4 サウンド対決!

先日アップしたX4とD4の比較。やはりサウンド聞いてみたいですよね。 簡単な比較動画を作ってみました。 音の違いが良く分かるので、ぜひヘッドホンで聴いてみて下さい。 意外な発見だったのは、X4のサイズ