吉池さんPJB X4弾きまくる!

多方面で活躍中のベーシスト吉池千秋氏が久しぶりに来訪。メインの目的はちまたで話題のPJB超小型アンプNANOBASS X4。さっそく当社スタジオJ’z Studioで試してもらいました。

吉池さんからこんなコメントを頂きました。「最新機種のNANOBASS X4を試奏させていただきました。特筆すべきはとにかく超小型サイズなのに、本格的な低音が出ること。そしてBluetooth対応なので、スマホの音楽とベースを一緒に出力できること。自宅練習の最高の友達になりそうです」

<PJB NANOBASS X4スペック>
■出力: 35W ■スピーカー: 1x PJB ネオパワー 4インチ+RALFERパッシブラジエター ■周波数特性: 72Hz – 15kHz ■入力:3系統(Input、Aux、Bluetooth)■Bluetooth規格:5.0(sbc, aac, aptX, aptX HD対応) ■コントロール: Input Level、Bass、 Mid、Treble、 AUX/BT Volume、 Master Volume■入出力端子: インプット、AUXインプット、ヘッドホン アウト ■サイズ: 160(W) x 200(H) x 197(D)mm ■重量: 2.4Kg

吉池さんプロフィール
X4製品サイト

そして吉池さんのもう一つ気になるディバイスがバージョンアップとなったBIGHEAD PRO Ver.2。X4と同様こちらも2回目の入荷待ち商品で手持ち見本のみ。初代のBIGHEAD(2014年発売)と比べ大幅な音質アップしたのがBIGHEAD PRO(2018年発売)。そしてさらに汎用性がアップしiPhoneやiPad対応となったのがVer.2(2021年5月発売開始)。モバイルヘッドホンアンプとして活動域が大きく広がるとコメントをもらいました。➔ BIGHEAD PRO Ver.2製品サイト

吉池さんを囲んで左Jesと右はマーケティングマネジャー&ベーシストの古田 。吉池さんご来社ありがとうございました、お疲れさまでした。

あわせて読みたい

PJB内部抗争勃発?X4対D4

PJBの最新ベース・アンプ、NANOBASS X4。発売以来大人気です!ベース・アンプとしては極限とも言える超小型サイズ、本格的な低音を伴ったバランスのよいサウンド、そしてBluetooth搭載。これ

PJB NANOBASS X4 サウンド対決 Micro7編

前にNANOBASS x4と兄弟モデルDouble Fourのサウンド対決をしてみましたが、今回はその第二弾! 同じホーム用モデルとして人気のMicro7とサウンド比較してみました。 パワーもほぼ同じ

PJB X4対D4 サウンド対決!

先日アップしたX4とD4の比較。やはりサウンド聞いてみたいですよね。 簡単な比較動画を作ってみました。 音の違いが良く分かるので、ぜひヘッドホンで聴いてみて下さい。 意外な発見だったのは、X4のサイズ