ABOUT

オーディオ界で天才と呼ばれたデザイナーが、ベースアンプを作る意味とは?

Phil Jones with AIR PULSE speaker system he designed.

13才の時に初めてベースを弾き、35年以上に渡ってエレクトリック・ベースを愛し続けて来ました。 ジミ・ヘンドリックスとモータウンの時代です。 モータウンの偉大で伝説的なベースプレーヤー、ジェームス・ジェマーソンに非常に影響を受けベースプレーヤーになろうと思いました。 最初はそうたやすくはありませんでした。 必要な機会がある時は借りていたのですが、それも難しくなり、ついに自分でベースとアンプを作ることになりました。 そこでベースの構造やアンプの電気的な仕組み、スピーカーはどのような仕組みになっているのか等、できる限りのことを全て独学で学びました。 その情熱がその後、6カ国で生活をし、働くことになるとは全く知るよしもありませんでした。

1970年初期に電気を専攻していた大学を卒業後、ウェールズのカーディフにあるウェルシュ音楽大学に進みました。 そこは音楽に関しては非常に保守的で、ベースギターは本当の楽器とは見なしていませんでした。 そこでクラシカルスタイルのベースをアーネストC.ハイ氏に教わりました。 (ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラの第一ベーシスト) その傍ら、授業料を払うため、ロック、R&BやジャズのグループでナイトクラブやBBCテレビのスタジオでの仕事をしていました。 いつも苦々しく思っていたのは、その当時最先端とされたベースやアンプはいつも自分の思っているサウンドではなかったことでした。 それから私の理想とする素晴らしいベーストーンを探し始めることが始まりました。

オーディオ界の真のパイオニアである故レジナルド・ソロモン氏から多くのことを学びました。 彼はほんどの彼の生涯をウエスタンエレクトリック社で働いた映画界のサウンドエンジニアです。 (プロサウンドと言う概念はウエスタンエレクトリック社が始めたものです)この様な研究と経験を通し、 当時映画用の巨大なホーンスピーカーを制作しているヴァイタボックスでプロサウンド・エンジニアとしての最初の職につきました。 頭にあるのは常に2つのことで、ベースを弾くこととそのサウンドで、その頃は自分のスタジオ用に色々な録音機材やモニター・スピーカーを製作しました。 これが後にアコースティック・エナジー社に発展したのです。 (AE1は現在ではハイファイの進化とレコード業界における画期的なスピーカーとして、有名なジャズ・レーベルであるGRPレコードが使用し、後にアビーロード・スタジオでも使用されました)

Phil Jonesイメージ

1990年にはアメリカに渡り、ニューイングランドのボストン・アコスティックスで短期間在籍し、 リンフィールド・シリーズというスピーカーをデザインしました。 1994年には高価な家庭用ハイファイ・スピーカーとスタジオ・モニターを製作するプラチナム・オーディオを設立し、 当時としては世界で最も高価(ペアで175,000ドル!)で巨大な『エアパルス』というスピーカーシステムを製作。 この『エアパルス』は日本オーディオ協会から100年にわたるスピーカーの歴史で最高、と絶賛されました。 1998年にはPJBの親会社であるアメリカン・アコースティック・デベロップメント(AAD)を設立。 AADは9,260平方メートルの敷地、150人以上の社員からなり、家庭用、カーオーディオ用、 プロオーディオ用スピーカーとアンプのデザイン・製造・マーケティング会社です。全てのPJB製品は私の監修の下、 プライドと情熱を持ってAAD工場で製造されています。

私は35年経って、私の初恋に戻ってきました。長く険しい道のりで、手痛い教訓もたくさん学びました。 私は、ベースの世界に私の情熱とサウンド・エンジニアとしての経験の全てを注いだ、 新しい製品をPJB/Phil Jones Bassとして送り出すことにしました。 ベーシスト達に最高のクオリティー、価値、サービスを提供することを目的としています。

Phil Jones

フィルジョーンズスピーカーの秘密

PJBが他のメーカーと決定的に異なるのがその特徴的な5インチスピーカー。 その反応速度とダイナミックさは、ベースプレイにおけるどんな些細なニュアンスも再現するため、 自分がどのように演奏しているか明確に知る事となり、あなたの創造力を新しいレベルに持っていきます。

Speaker

常識を覆す驚異の5インチスピーカー。

伝統的に、ベース用スピーカーは大口径のものが良いとされてきました。大口径スピーカー=重低音。表面的には正しいように思われますが、大口径スピーカーは動きが遅く、歪みに弱いという欠点があります。PJBスピーカーキャビネットでは小口径のスピーカーを多く使うことによって、大口径スピーカーと同等かそれ以上の表面積を作り出しリッチな低音を再生します。さらに小口径スピーカーならではの中・高域の優れた再現能力が、今までは聞こえもしなかった倍音さえをも再生。反応の早さも特筆すべき点で、驚異的な追従性とスピード感を持って、プレイヤーのフィーリングやセンス、技術を正確に再現してくれます。 長期的な運用においても、個別のスピーカーに負荷が分散される為、大口径スピーカーよりも耐久性が高く、トータルでの信頼度が高くなります。

スピーカーエンジニアリングの粋。

100Wのアンプと1000Wのアンプを弾き比べた事がある人なら、出力の差が音量の差に比例しない事実に気付いたことでしょう。 その理由は出力が上がれば発熱量も上がるため、ボイスコイルの抵抗が増えマグネットの磁力も落ちてしまうからです。 要するに、アンプのパワーはそのままファットなトーンに変わるのではなく、そのほとんどが熱として消えてしまうのです。 問題はスピーカー・エンジニアリングにあります。 PJBでは銅箔を施したアルミ製ボイスコイルを通風孔を持たせたキャプトン・フォーマーに巻くことでより高い放熱性を確保しており、 スピーカー自体を安全な温度で動作させることで音量に関係なくコンプレッションを排除しています。 そのためPJBスピーカーはサウンドのダイナミクスに対してストレートに反応します。

プロ機材としての潜在能力。

PJBのキャビネットは重低音を再現でき、最大のキャビネットである24Bは、5弦ベースの最低音であるローBよりも低いA音(25Hz)をも再現します。どのキャビネットを使用するかは単にどれくらいの大きさの会場で演奏するのか、またどれくらいの音量で演奏するのかの問題です。 大きな会場はそれだけ空気の容量を持っていますので、多くのスピーカーを使う必要があります。PJBスピーカーの高感度とコンプレッションのなさというコンビネーションによって、あなたの演奏自体が表現力を増すことになります。 PJBではハイ・グレードな合板を使用し内部にエクストラのブレーシングを施すことでエンクロージャーの共鳴を抑えています。 これによって、エンクロージャーの音ではなく本当のベース・トーンを再現することが出来るのです。 また過酷なロードに耐え長期間忠実に活躍してくれる耐久性も備えています。

PJB輸入総代理店 会社概要

会社名 株式会社 ジェーイーエスインターナショナル
所在地 〒470-0112 愛知県日進市藤枝町小山711-1
電話/FAX 0561-72-9801 / 0561-72-9804 
Web Site www.jes1988.com
E-Mail web@jes1988.com
設立 平成3年9月